システム開発

ニーズに合わせたシステム開発

ビジネスのスピードが年々加速し、現場・顧客の要求を満たすためのサービスレベル、技術スキルの高度化・複雑化してきております。この状況を受けて、プロジェクト当初の要件定義、システム設計では古いものになり、お客様に納品する段階ではお客様が想定するものとは違ったものになる場合も多々あります。

弊社では、プロジェクト期間を細かくフェーズに分け、お客様と共に随時システムの見直しを行い、プロジェクトの成功に繋げて参ります。

既存システムの入替えの提案・支援

2000年初期のITバブルにおいて、IT投資がたくさん実施され当時の仕様・運用体制のままになっているケースがあり、今後5年10年というスパンを見据えるとITシステムの入替えが必要になります。

既存のシステムの入替えは、事実システム自体が稼働している、それに関わる既存業務もあることから新規にシステム開発するよりも配慮すべき項目が多くなり、単なるシステム導入と違い、入替えのハードルが高くなります。

ここで重要になるのが、長期使用に耐えうるTo-Beモデルの立案も然り、既存システムに関わる既存業務、現場の方とのコミュニケーションになります。入替えに伴い業務フローも変更になる場合があり、この変更が現場の負荷を重くするのであれば本末転倒です。その為には、プロジェクトを通じ、現場のコミュニケーションを忘れずに、お客様とシステムを創り上げていきます。

弊社では、10年来稼働していた複数工場の生産管理のシステム切替の事例がございます。

Back to Top