ビックデータ分析

意味のあるデータ分析

データ分析はツールを使うことである一定の目的は達成することができますが、分析対象のデータから有意な事象を引き出すには、データの特性、仮説を用いた分析が必要になります。

データの扱い方、分析のパラメータを変えることによって分析結果が全く違って出てくる場合があります。これはデータの扱い方、分析のパラメータが悪いのではなく、データ分析を行う背景、意図がはっきりしていない時によく起こります。

データ分析とは、経営コンサルと似ているところがあり、仮説を立てた上で分析を実践していかないと有意な結果は見えてきません。

弊社は、ただのデータ分析ではなく、経営、ITに結びつけたデータ分析を通じて、データの先にある未来を掴むお手伝いを致します。

実例

小規模なリサーチから、大きなデータを用いた分析を実施

  • データプロバイダのデータを用い、世界の時価総額ランキング5000社のR&Dの投資額を調査。特に、大量のデータをデータプロバイダから取得したが、データ信用度が高くとわかり、データ精度向上の為のスクリーニングを実施。各社の決算データを複数のソースから裏付けを取るなど、効率的に業務を遂行。
  • サイト上のユーザの行動履歴からユーザの購入傾向の分析
  • APIサーバーの負荷具合をレンタルサーバー及びクラウドを用いた場合を比較し、クラウドの可能性の分析を実施
Back to Top